ブログトップ

俺の日々

wrally.exblog.jp

セラフ鯖、ではなくビスマルク鯖に暮らす、あるヒュムのお話。

カテゴリ:読書( 10 )

たまーに本ネタ。

e0091551_22285541.jpg夢見通りの人々

著:宮本 輝








これも、先輩から借りて読んでみました。

他にも数冊、作者の作品を読んでいるのですが、この作品は他のとちょっと違います。

ある商店街の、そこに住む人々のささいな日常がオムニバス形式で書かれているのですが、その書き方がやはりこの作者らしいというか何というか。その情景が自然に頭に浮かぶくらい、書き方がうまいです(゜▽゜)b

極端にぶっ飛んだ物語ではありません。むしろ至って普通に有り得そうな、いくつかの物語を楽しめます。

この作者の長編大作モノも好きですけど、こういう短編っぽいのもたまにはいいすね(*´Д`*)
[PR]
by w-rally--555 | 2005-12-20 22:45 | 読書
いあー更新遅れた・・・ここ最近、いつも家帰った頃には酔いどれオヤヂ(´д`)

e0091551_11143749.jpgALONE TOGETHER

著:本多 孝好








俺の本を買う基準はですね、だいたいが帯と背表紙の売り文句にそそのかされる感じです。

でも、ほぼ騙されます(゜Д゜)

今回のこの本、帯には「今はずせない作家!」背表紙には「端々しい感性に溢れた著者初の長編」と書いてありましてですね、そそられたわけですよ。

だってほら、この本表表紙にも綺麗なおねーちゃん載ってるし!(ぉ


で、読んでみた結果


まぁ、なかなか面白かったです。


ちょと特殊な能力を持つ主人公が、色々な人と関わってく、みたいな話ですが、話の流れとかは区切りがわかりやすくて良かったです。

でも・・・俺の読解力が不足のため、作者が何を言いたいのかよくわからなかった(´д`)


うまい人の文章って、それがサスペンスでもコメディでも、何かしら言いたい事が見える気がするのですが、そういうのがイマイチ見えなかったです。


この作者さん、今すごく売れてるらしいですけど、とりあえず俺は別の作品を読みたいとは思わなかったです。

ま、好みの問題って事で(´・ω・`)
[PR]
by w-rally--555 | 2005-12-11 11:12 | 読書
e0091551_23382710.jpg
流しのしたの骨

著:江國 香織









これを購入した経緯はですね、なんか有名な作家さんの本が急に読みたくなってしまったのです。

この作家さんの名前は聞いた事があったのですが、どういう本を書く人なのかわからなかったので、とりあえず手に取ったのを買ったって感じです。



で、この本ですが

題名に 骨 なんて言葉が入ってる割に、おっとり読める内容です。

どこにでもいそうで絶対いないな~、て感じのある家族のお話。ほのぼのしたい時にボヘーっと読むのがいいかも。

どの登場人物にも特徴があって、読んでて面白いですね。さすが有名作家・・・


まぁ、有名でも面白くないの書く人いますけど、そういう人のもまたおいおい紹介していこうかと。読む人によって感想違うでしょうし(´_ゝ`)
[PR]
by w-rally--555 | 2005-12-04 23:47 | 読書
いかん、本のコーナー忘れそうだ・・・たまには書くぞ(゜Д゜)

e0091551_18423533.jpg
半パン・デイズ

著:重松 清







この本を買った経緯は、以前コメントに「この人の本オススメ」と書かれていたからです(安直

そのコメントには、「この人の書く内容暗いけど」と書いてあったので、せめて表紙が明るめの本を購入してみました。


そしたらですね・・・

この本は・・・

チョーおもろい!


いや、面白い、というのはちょっと違うな・・・懐かしい、と言ったところでしょうか。

主人公の子供の頃の話が書かれてるんですが、なんか、その頃の考え方をホントうまく表現してるというか。年代の差はあれど、誰でも多かれ少なかれ共感できる部分があると思います。

男の子の視点で書かれてるのですが、これ女性が読んだらどうなんだろう?やっぱり何かしら共感出来るところがあるもんなのかな。


この本は、内容は暗くは無かったです。すごく楽しく最後まで読める作品でした。

この著者の、別の作品もいずれ読んでみたいと思いました。オススメしてくれたちぇろに感謝(*´Д`*)
[PR]
by w-rally--555 | 2005-11-30 20:38 | 読書
e0091551_2044473.jpg
青のフェルマータ

著:村山 由佳

これ、表紙にイルカが描かれてるんですよ。

で、なんとなくまったり系の本なのかなーと思って、読んでみたわけです。


んまぁ、なんというか


まったり系なのかも知れないんですが、なーんか、イマイチ・・・

展開が妙、というか、急、というか・・・まぁ小説なんで展開が普通じゃないのは当然なのですが、それにしても「いやいやちょっと待て」と思うところがチラホラ。

感情移入がしにくかったってのも、イマイチと思うポイントかもです。まぁ、主人公が女性だからなのかも知れませんが。


これ、きっと女性が読んだら全然感想違うと思います。どなたか是非ご感想を(゜▽゜)
[PR]
by w-rally--555 | 2005-11-17 20:13 | 読書
フレと箱庭やったんだけど、SS撮るの忘れちゃtt

e0091551_072224.jpg
この胸いっぱいの愛を

著:梶尾 真治


これを買った経緯は、ズバリ「黄泉がえり」の作者だったからです。ちなみに「黄泉がえり」読んだ事ないでs


この作品をご存知の方は多いと思います。今まさに映画で上映してますから。

「黄泉がえり」という大売れした作者ってのは、どんな話を書くのかなー?っていうのが気になって読んでみたわけです。



これ、読み終えた後に

(*´▽`*)はぁ~

て気分になりました。



もちろん話もすごく面白いのですが、文章の書き方も妙な癖とかなく、読みやすいです。映画が見たくなりますた(´・ω・`)

この作品に出てくる、あるアイテムについて、同著者が別の本を書いてるので、それも読んでみると面白いかもしれません。ちなみに俺は読んでませn
[PR]
by w-rally--555 | 2005-11-11 00:23 | 読書
FFで裏行ったけど、あんましネタないので本いきます。

e0091551_2184557.jpg
もういちど走り出そう

著:川島 誠



これを購入した経緯はですね・・・

裏表紙に「挫折と再生を描いた感動作」と書いてあったからなんですね。

なんつーか、こう、感動モンが読みたかったのですよ。えぇ。

で、読んでみました。



おー


ほー


ふーん


ぁ-


ぉ-


ぇ~





お終い。


って、これじゃわけわかりませんね。俺もわかりません。


結果から言うと、感動は特にしませんでした。

別に、後から頭に思い描けるほどの登場人物もおらず、気になる場面もなく。

作者は何が書きたかったのかな・・・よーわかりません。エロい描写はそこそこエロかったです。


まぁ、色々買ってると色々読むわけで、色々当たり外れもある、という事です。


とボロクソ言ってますが、別にこの作品すんげーショボいわけでもないんで、読みたい人はどーぞ。なんつったって↑は素人の意見ですから。
[PR]
by w-rally--555 | 2005-11-10 02:29 | 読書
久々に本の紹介。

e0091551_1394864.jpg
リレキショ

著:中村 航

これはですね~・・・なんで買ったんだっけな・・・

よく覚えてないけど、たしかオススメんとこにあったから買ったような、そうじゃなかったような・・・まぁ、いいや。

なんかこれ、すぐ読み終わっちゃいます。スラスラーっといけます。どっかのHPでも、結構オススメ度高かったですし。


でも・・・俺は・・・俺個人としては、の判断ですが・・・

どうせこういう本買って読むなら、読み応えが欲しいわけですよ。

そういう意味で考えると、なんかあんまし内容も濃いわけでもなく、あんましオススメはしないかなぁ。まぁ、夜眠れない時にボーっと読んでると眠れるかも?てくらいです(゜Д゜)


ブログの最初に書きましたけど、ここで書いてるのはあくまで俺個人の独断と偏見によるものなので、ファンの人、文句は書いてもいいけど否定も肯定もしませんy
[PR]
by w-rally--555 | 2005-11-08 01:47 | 読書
さて、本の紹介。

e0091551_14384216.jpg
変身

著:東野圭吾

これは、なんとなく本屋に立ち寄った時に新刊コーナーにあり、たまたま目についたんで買った本でs

でもまぁ、タイトルに惹かれたというのも大いにありますけどね。

個人的な話でアレですが、これ読もうとしてた時はリアル心情がボロボロでして、「変身」というタイトルを見て「あぁ、自分も何か変われたら・・・」という淡い期待があったのです。


んで、実際の内容ですが・・・

簡潔に言うと、主人公が↓に↓にと変身していく作品で・・・なんつーの?追い打ち?みたいな感じ('д';)

後から知ったのですが、この作家さん推理系とかが多いみたいで。

読みやすくていい文章ですが、読んだ当時の自分には痛い作品でした。またいつか読んでみよっと(´д`A;;
[PR]
by w-rally--555 | 2005-10-30 14:35 | 読書
てわけで、読んだ本を紹介してみます。まず一つ目。

e0091551_14431223.jpge0091551_1442461.jpg
森のなかの海(上・下)

著:宮本 輝

これはですね・・・日々あまりに本を読まない俺に、会社の先輩が薦めてくれた本なのでございます。

借りてから知ったのですが、宮本輝といえば、数々の有名な作品を出してるそうで。俺が知ってたのは優駿くらいでしたが・・・


で、この作品ですが、なんか、田舎に引っ越したくなる作品です(´・ω・`)

あと、展開がすごいっす!それはさすがに想定外!みたいなのが結構あって、惹きこまれていきます。そりゃあないだろ~、と思う部分は当然ありますが、それはまぁ文庫だからどうでもいいとして。

でも、何がすごいって、読みながら話の場面を容易に想像出来る文章の書き方がすごいっす。うまい人はやっぱし違うね!


とりあえず、書きながら頭痛がひどくなってきたので、病院行ってきます(´д`)
[PR]
by w-rally--555 | 2005-10-28 12:33 | 読書